2008年06月10日

ウラジオストクのお店

P1000129.JPG


ロシアで買い物・・・っていうと、一般的なイメージは未だにガラーンとした物のない棚、寒空の下延々と黙って並ぶ人々、というイメージがあるらしい・・・
というか、ヘタすると「え?ロシアって社会主義国じゃないの?」って聞かれます。
いーや、いや、今は日本と同じく資本主義国家だし、お店とかスーパーには普通に商品が並んでいますし、その昔の社会主義方式買い物方法(まずお店の人に欲しい商品を告げる→店の人が品名、数量、お金を書いたメモをよこす→レジに並んで、メモを見せ会計をしてレシートをもらう→レシートを改めて最初の店員さんに渡す→商品そのものが手に入る)には、ついにお目にかかりませんでした〜。
レジで全然並ばない、っていう事もないけど普通に日本と同レベルだし、かえって今では、並んで物を買うっていう機会は日本の方が多いかもしれないですね〜(人気のお店とかで)
で、お店としてはまずデパート。最近作られた新しいショッピングスポットとしてのデパートは、ほーんと日本や他のとことかと変わりないと思います。
で、上の写真は、ソ連時代から続く老舗デパートの「グム百貨店」
実際、ウラジオストクで最も古い建物だそうでして、建物は古めかしいし、売り場も狭く、エレベーターもかなりすごそう(怖そう・・・)ですが、閉鎖中でした(笑)
衣料品やお土産、電化製品や玩具、いろいろありますが、お客の数より従業員の数が多い〜^_^;
で、スーパーもあちこちにあって、24時間営業のところも多いようです。
で、スーパーでは大きな荷物は持って入れずに、コインロッカー(無料)とかに前もって預けます。
そして、売り場入り口には制服の目つきの厳しげなキリっとした、やや強面のお兄さんが・・・
日本だったら、多分「威圧感を与える、怖い、客を信用していないみたい」っていう意見が多く出そうですが、多分ロシアでは「だからうちは安心です、ゆっくりお買い物をしてください」っていう証明になるんじゃないかな?と思います。
スーパーは食料品の他、日常雑貨も多少ありまして、洗剤とか消臭剤は日本製品も多かったです。
ペットフードは、犬系は「ペティグリーチャム」猫は「ウィスカス(日本名だとカルカン)」がほとんど。
お菓子売り場とかパン売り場などは、いかにもロシア!!という商品が沢山あって嬉しい、嬉しい!!
レジはベルトコンベアー式で、商品を直接コンベアーの上に並べるか商品を入れたカゴを置いて、レジの係りさんがバーコードで値段を入れると同時に袋にズンズンつめていってくれます。
スーパーの袋は、日本のと同じですが、スーパーのロゴとか入っているものはほとんどなくて、黒とか茶色とかの単色の無地の袋が多かったです。
そーして、ロシアのお店と言ったら忘れちゃならんのは『キオスク』!!
日本の駅にあるのも「キオスク」ですが、元祖(?)はこちら!
キオスクの写真を撮るのを忘れてしまったので、ナイのですが、イメージ的には日本のキオスクと同じような小さな商店という感じのお店です。
大きさは小さいものだと電話ボックスの倍くらいの物から大きくてもまぁ日本の普通の駅のキオスクと同レベルくらい。
違うところは、前側上半分くらいがガラス張りでブースみたいな感じ、正面に小さな窓口があって、窓口以外には売ってる商品見本がほーんと見事に上から下まで隙間なく貼り付けてあります。
窓口以外から中の様子は全く見えません〜。冬は寒さ避けにもなりそうだ。夏はどーしているのか知らぬが・・・
で、見本品には番号が振ってあって、欲しい人は窓口に、その番号を告げて購入、という感じ。
そして日本のキオスクみたいに、いろいろな種類の商品がある、というよりも、専門別に分かれています。
例えば、雑誌・新聞のキオスク、タバコのキオスク(かなり多い)飲み物系キオスク、果物のキオスク、ドラッグストア的なキオスクとかとか。
ウラジオストクに行って驚いたことの一つは、日本では犬も歩けば・・・的にあちこちにある「自動販売機」これについにお目にかからなかった事!!ATMはあっても、飲み物とかの自販機はないのです!!
そーいうのは皆、露天のお店とか、キオスクで買います。
そして、自販機の数並みにキオスクが多い!!
私なりに考えたのは、ロシア人的合理的考えとしては、「人間が出来る事をわざわざ高いお金出して、器械を買ってやらせる必要はない」っていう事かなぁ?と。
日本だと、別に対面販売じゃなくても、器械でも出来るなら器械にやらせれば人件費浮くし、とうい考え方の方じゃないかな?と思いましたが・・・
路面というか、屋台というか、単に道路や歩道に台を出して、あるいは空き箱をひっくり返してテーブルみたいにして、その上に小物や野菜とかを販売している人々も多かったですね〜。
という感じで各種あるウラジオストクのお店ですが、デパートでもスーパーでもキオスクでも露天でも共通している事は「客引きはしない」っていう事かな?
欲しそう〜にしていても、声をかけるのはお客側から、という感じで、個人的な好みとしてはこの方が気楽でよかったです。
あ、でも観光客目当ての露天とかではこの限りではないと思いますが〜。
posted by まるく at 20:07| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。