2008年06月17日

ニコライU世凱旋門

0617-1.JPG


ロマノフ王朝最後の皇帝ニコライU世が皇太子の時代にここ、ウラジオストク訪問を歓迎するために作られた門だそうです。
元々は1891年に作られたそうですが、ロシア革命の際に破壊され、現在の物は2003年に復元されたもの。
そのせいか、とても新しくて綺麗で、モザイクとか色使いがとても可愛くて、なーんとなくディズ○ーランドのイッツ・ア・スモール・ザ・ワール○あたりに出てきそうな感じです(笑)
大きさはわりとこじんまり〜という感じでございます。
このすぐ横に「人形劇場」なる小さな建物があって、どうやら人形劇を上映しているらしく、小学生の団体が引率の先生に連れられてゾロゾロと入って行きました。ポスターからすると、なんとなく孫悟空みたいな感じの人形でございました。
この近くにある教会、アンドレイ教会。

0617-2.JPG


ロシア正教の教会で、特徴的なのはタマネギドームと十字架の形がちょっと違う事。
こちらも新しい建物でとても綺麗で可愛いです。
ウラジオストクにあるロシア正教の教会、見た範囲では何故か金ピカピカの屋根が多かったです。
そーいや、私がロシア正教の教会(の図)を初めて見たのって、「テトリス」の全クリ画面ではなかろうか!?と今、思い出した(爆)
当時は、まーさか教会だとは思わずに宮殿かなんかだろうと思ってましたな〜。

凱旋門や教会の付近は緑が多い小道と公園がありまして、大きな道路に挟まれている区域なれど車の喧騒とは無縁で静か〜な欧州的雰囲気でした。
小路の片隅では、キャンパスに向かって絵を描いてる人もいて、最初は観光地にありがちな似顔絵描きかな〜?と思いましたが、そうではなくて、本格的に肖像画的な絵を真面目(?)に描いているらしき様子でした。

0617-3.JPG


0617-4.JPG


すぐ付近の公園内(?)の謎の池・・・もしかすると、時期になると口からゲロゲロと水を吐くのかも・・・-_-;;;
イメージ的にはポセイドンですかぃ???

0617-5.JPG


この公園の地面のタイル。なーんか、こういう感じのお菓子が昔あったような・・・と、気になって調べたらありました、ありました!!
ホント、ネットって便利だなぁ〜。
その名は「あじろ」
ajiro31.jpg

しかも、静岡独自のお菓子だそうだ〜、知らなかった・・・^_^;;
posted by まるく at 21:32| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。